ご購入について
 

最新掲載品

江戸小紋/人間国宝 小宮康孝作品「かぶ」 NEW

江戸小紋の人間国宝、小宮康孝さんの江戸小紋「かぶ」のご紹介です。 縞や角通し、行儀などに代表されるある意味無機質とも表現出来る柄が少なくない江戸小紋の中にあって、いわゆる「云われ柄」と称される意匠です。 その型紙を彫り上げたのは武田忠孝さん、染め上げたのが小宮康孝さんです。 緊張強いることの少なくない万筋や角通しなどに比べ、江戸の職人の遊び心が感じられます。 江戸小紋の粋を知り尽くしているしょくにんならではと言えるのかもしれません。

手織真綿紬織物/伊那紬別注品 NEW

胡粉色の地に濃藍色(こいあいいろ)薄縹色(うすはなだいろ)煤竹色(すすたけいろ)胡桃染(くるみぞめ)などの色に染められた絣糸を遣い、黎明のアルプスが織り上げられた草木染め手織り紬織物/信州伊那紬です。 ご覧戴けますように極めて美しい彩でアルプスの峰々が表現された山型が織り上げられています。 表面的には胡粉色の地に上記した色系統の峰々が織られた紬織物として目に映るのかもしれません。 でも、そうした表面を捉えた第一印象はすぐに変わります。 配された山型は見る部分によっては雪を頂いた冬山のように見え、或いは真青な青空の下、陽の光を受ける春の山のように目に映りこんでくるのです。 

型絵染九寸名古屋帯/リラの街 竹田園子作品 NEW

こちらに掲載の型絵染ですが、リラの街という銘が付されています。 リラの街、制作者である竹田園子さんは札幌に住まわれて制作活動をなさってるのですが、そのお住いの街、札幌市の花がリラなのです。 閑静な住宅街に咲くリラを描かれたのでしょうね。  型絵染めにしては極めて繊細な型が使われながら、表現力の在る彩色が施され個性的な印象とされています。 その意匠/designと紬の素材感が相俟った印象は、あるひとつの染織として完成されたものでなく、未完成な創造の魅力を保っているように感じます。

有松絞工藝絞り/段杢目絞り NEW

この絞り染め、よく見掛ける絞り浴衣とはちょっと異なった雰囲気/表情を保っている事が画像からも伝わっているかと思います。 こうした浴衣も興味の薄いひとにとっては、たかが浴衣なのかもしれません。 唯、たかが浴衣なのですが、日本の職人の「手」によって括られ、絞られたこの浴衣を眺めていると、興味の薄い筈である人でさえ、心のどこかを魅了され、思わず手に取りたくなるようです。 矛盾を承知で申し上げますが、絞りの浴衣はたとえこれほどの有松絞りであったとしても本来浴衣以上となるものでありません。 でも、どこから見ても「染織工藝品」としての雰囲気を漂わせ、浴衣以上の質感を呈しているのです。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ