ご購入について
 

最新掲載品

草木染真綿紬織物/飯田紬・廣瀬草木染織工藝 NEW

見ていると染め物以上に繊細な美しさも感じます。 やわらかなやわらかな、まるで白生地から染め上げたかのような、やわらかな染め物のような印象も想わせます。 それも丁寧な刷毛染の染め物からしか感じないようなやわらかな美しさです。 唯、染め物とその印象が異なるのは糸の余韻、、でしょうか。 一本一本の糸が万里の時間を経て交差した痕跡… それは丁寧が尽くされた織物にしか現れない色の彫刻…。 

型絵染九寸名古屋帯/岡田その子 青い薔薇 NEW

摘み置かれたかのような青い薔薇が印象的な型絵染九寸名古屋帯です。 こちらの帯を制作されたのは岡田その子さん。 薔薇が「和」のモチーフとして使われることはそれほど多くないのですが、こうして帯の意匠/desigとして使われるとどこかしら「和」の「趣」が浮かぶようです。 意匠とは奥深くかつ面白いものです。 私の記憶の中に刷り込まれた“薔薇”を想えば、深紅やピンク、青では決してありません。 実に巧みな彩色です。

型絵染九寸名古屋帯/岡田その子 気球ふうわり NEW

以前にも触れたことがありますが、染織作家の岡田その子さんは型紙を彫る時に道具だけに頼らないのだと言います。 作品にやわらかさを残すためにその指先も多用されるのだとか。 なるほど、作品を見ると納得します。 岡田その子さんが創作される作品を眺めていていつも思うことがあります。 彩色を支配している… とか、そんな大袈裟な感覚ではなく、岡田その子さん自ら“色”そのものになって楽しんでいる、、、そんな気がするのです。 実際にはもちろん絵筆を使い、溶かした染料に筆や刷毛を浸し描き染めているのですが、イメージは岡田その子さんの手の平が、指先が、まるで絵筆のように絹布の上を滑る… そんな気がしてならないのです。

土佐手縞九寸名古屋帯/福永世紀子 作品/藍の縞 NEW

表面的には一見とくに変哲のない平織の帯とした印象を受けるのかも知れません。 唯、眺めていればいる程にその印象は単なる柔らかな平織の帯ではないことに気付くのです。 それはきっと制作者の心の深層に深く深く映し込まれた想いが直截的には目に映らないニュアンスとなって映し出されるからなのかもしれません。 その織りには、通常淡い色からは感じられない深みのようなニュアンスさえ感じとる事が出来ます。 染められた糸も然りです。 単なる綿糸が使われた訳ではありません。 福永世紀子氏が産地に拘り、種に拘り、手紡ぎで紡がれた“メキシコ綿・インド綿”が使われているのです。 
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ