ご購入について
 

最新掲載品

手描き友禅九寸名古屋帯/湯本エリ子 作品・ビヨウヤナギ NEW

こちらの帯はお洒落帯として描き染められている訳なのですが、未央柳/ビヨウヤナギの花をそのまま模写するのではなく、手描き友禅の染色工藝作品として確実に昇華させているのです。 その意味でこちらの作品は写真版で量産される手描き風の染物とは確実に一線を画しています。 もう一つ、加えて申し上げるならば、手描き友禅による細密な彩色の表現、染色作家の仕事の迫力が染色の表面だけでなく、質感のすべてに有無を言わさぬ力を持って見る人の目を魅了するのです。 つまり、ひと目でそれを想わせる、上質極むる染色工芸品なのです。 見事に美しい染色だと思います。

型絵染九寸名古屋帯/岡田その子 白い花 NEW

どこか和を想わせる墨色、水墨画のようなのですが、なぜかこの帯から日本的な印象を受けることは少ないような気がします。 どこか西洋的な印象を想わせるのです。 西洋でも西欧ではありません。 北欧でも南欧でもない、それは東欧のどこか…、日本から遠く離れた地、訪れた事もない筈の異国の情景を想わせるのです。 東欧の冷気を含む張り詰めた空気感の中に春の訪れを予感させるような…、そんな感じがするのです。 寒色系でありながら、黒とは異なる墨色にほんの僅かに滲み含んだ儚さがそう感じさせるのかも知れません。

西陣織袋帯/瓢箪・唐長 NEW

こうした“箔の美しさ”をこの西陣織は得手としています。 唐長が所蔵する意匠の美しさを余すところなく表現しています。 範となる意匠もまた考え尽くされたものなのでしょう。 下地となる箔の暈しは見事に調和が図られています。 そうした文様の調和、色彩の調和が優雅な印象をもたらしているのかも知れません。 いわゆる絢爛豪華な帯ではありません。 しかし、どこか厳かな厳かで「凛」とした表情を保っています。 出典を辿るまでもなく、古来より伝わる日本由来の文様なのだと思います。

西陣織袋帯/錦蒔絵文 NEW

こちらにご紹介させて頂いたのは西陣織の袋帯です。 小菊が織り散りばめられています。黒地ではありますが、どこかはんなりとやわらかな印象の織物です。 織られた文様の銘は錦蒔絵文です。 「和」という言わば曖昧なものをを極めて印象的に想わせる文様/意匠です。 群生する小菊の可憐さを見事に織りあげています。 こうした帯は極めて「美意識」の高い機屋に手によって初めて可能となる意匠/デザインであり、上質を極めた「西陣織物」でもあるのです。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋