ご購入について
 

最新掲載品

草木染手織り紬織物・下井紬/下井伸彦 薄物 夏/単衣 NEW

こちら、五倍子、ログウッドで染められた糸の色が殊の外美しい織物です。 経には生糸が用いられ、緯糸には紬糸が織り込まれます。 草木から抽出された染料で染められた糸はその一本々々が百通り、千通りもの濃淡を保ちます。 そのため、織り上げられたそれは単色で織り上げられた織物には見えません。 一本々々、それぞれの濃淡が、色の奥行、深みをつくり、草木染特有の表情と相俟って愁いを帯びた表情をつくっています。

本麻八寸名古屋帯/羅平横段 NEW

こちらの織物は自然の素材、天然の繊維から育まれた麻織物です。  特徴的なのはやはり何と言ってもこの「色味」に尽きるのではないでしょうか。 一言で言ってしまえば”石竹色”(せきちくいろ)と生成りの格子”です。 桃の花のようでもあり、薄墨桜のようでもある…、 とりわけて特別な色ではありません。  しかしこうしてお互いの色が交互に積み重ねてゆくと曖昧模糊とした弛みのある横段が表れるのです。

本麻八寸名古屋帯/羅平格子 NEW

特徴的なのはやはり何と言ってもこの「色味」に尽きるのではないでしょうか。 一言で言ってしまえば“墨色と空五倍子色(うつぶしいろ)の格子”です。 すりおろしたばかりのような墨色に外郎のような茶色…、 どれも特別な色ではありません。  しかしこうしてお互いの色が交互に積み重ねてゆくと曖昧模糊とした弛みのある格子が表れるのです。 

手織り紬織物/上田紬/縮み 小岩井紬工房 黄色に白細縞 NEW

何気なく見ただけではきれいな黄色の無地の紬にしか見えない。 でも、“きれいな黄色の無地の紬にしか見えない”というところがこの紬の真価本領ではないかと思います。 見る時間によってそのきれいな黄色は蒲公英の花の様な黄色だったり、微かに緑みを帯びた黄色(あくまでも黄緑ではないのです。)に見えたりもするのです。 そしてそのどちらも極めて魅力的な色なのです。 陽光の差し込む時間は黄色が勝っているのだけれど、陽はあるものの地面の大部分が影に隠れるころ、何故か心なしか緑色を帯びて見えるのです。 もちろんあくまでもほんの僅かに…。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋