ご購入について
 

最新掲載品

型絵染九寸名古屋帯/薄機・芙蓉 NEW

ある一定の水準以上の「質感」の帯地を目にしていると、帯地であること、それ以前に「染色」としての美しさを純粋に想うことがあります。 夏の染物は一際美しいのですが、こうした薄機の生地に型絵染を施された帯は殊の外美しい染物だと思います。 一般的な染め帯と言うくくりの中に在ってもそれは全く印象を異にします。 蜻蛉の羽根を描くのに相応しい透け感の薄機… 言わば蜻蛉の羽根に直截描き染めてしまったかのような美しさ… それが故の儚さの交差… 積み重ねられた熟練の手技、考え尽くされた英知。。。 ここまででなくても良いのかも知れません。 大切なことは上質が尽くされているかどうか。。。

板締め絞り/べんがら染め浴衣地/夏着物地(雪華墨藍) NEW

こちらにご紹介の浴衣地は、板締め/べんがら染めで雪の花(結晶)を絞り染め上げています。 眺めていると墨色の中に微かに匂う藍色が涼感を引き出しています。 見る時間や光によって墨が深く見えたり、藍が浮き立つようにも見えます。 こうした絞りは一つとして同じものが出来ないところが面白いですね。 使われた染料はべんがら、酸化鉄を使った鉱物染となります。 基本的には赤系の色に染まるますが、他に黄や黒、灰色、青灰色などにも染められます。 化学染料ではないのでよく見掛ける浴衣とは趣がまったく異なります。 またクリーニング、ご家でお洗濯されても色落ちがあまりありません。 日焼け退色にも強いと言われております。

琉球本紅型九寸名古屋帯/知念初子 NEW

ご覧頂けますように民芸的な印象がそれほど色濃いものではありません。 はっきりと特徴的な個性を感じさせますが、視点を変えてみれば、紅型友禅らしくないのかもしれません。 でも、知念初子さんが手掛けたこの紅型友禅は私の眼にはやはり琉球沖縄の染織以外の何物にも見えないのです。 民芸的な要素を強く想わせる如何にもな紅型友禅ではありません。 でも見れば見るほどに何から何まで琉球沖縄、もっと言えば本流の紅型友禅を確実にそしてひたすらに想わせてくれるのです。 

型染め描き疋田九寸名古屋帯/八つ手 NEW

こちらにご紹介の名古屋帯, 一葉の八つ手が描かれたものです。 艶やか、とか綺麗、とか言った印象ではありません。 着物の美しさを想うとき、一般的には「雅やかな、華やかな色彩」であったり、「色階層豊かな彩色」であったりすることが多いように思うのですが、それはその雅やかな色彩や色階層豊かな色彩を直感的に綺麗と感じるからなのだと思います。 もちろんそれはそれで間違いないことだと思いますし、私などもそう感じることもあります。 しかし、そうした美しさとは別に「単彩色」のみにて染められた美しさも在るかと思います。 「墨」の濃淡だけで表現される水墨画に純粋に絵筆の「美しさ」を想うように単彩色にて表現された染め色にも美しさを感じることがあるのです。 

更紗九寸名古屋帯/紗紬に手描き グロリオサ NEW

さらりとした涼感の生紬地に手描き友禅でユリ科の花/グロリオサ(※別名百合車)が描き染められています。  やわらかな色彩で表現された模様にはまるで風に揺られ、ゆらゆら揺れうごくかの様な「動き」が感じられます。 使われた色彩は艶やかであり、ちょっと幻想的なまでの美しさを感じさせてくれます。 見事に「素敵な彩色」ではないでしょうか。 一瞬で見る者を魅了する「美しさ」を携えているのです。 地色はあえて彩色を施さないいわゆる生成りのまま…、そしてその上に表現された色彩の美しさ・・・、 構図と配色が絶妙なバランスを保たれているのです。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋