ご購入について
 

最新掲載品

手織り紬織物/青墨無地着尺 制作/下井伸彦 NEW

手に取ればすぐにわかるのですが、こちらの紬織物は極めてやわらかな質感/触感を保ちます。 唯、やわらかではありますが、それは頼りないやわらかさではありません。 上手く表現出来ず申し訳ないのですが、言わばさらりとした中にしっとりとした厚みを感じるかのようなやわらかさです。 こうした触感を保つ紬織物は極上の着心地を想わせてくれます。 また実際に着物にお仕立てをしてお召頂きますと、私のその言葉になるほど、頷いて頂けると思います。

手描き友禅九寸名古屋帯/湯本エリ子作品 山吹 NEW

「やはり私は染色という仕事が好きなのです。」手描き友禅作家/湯本エリ子さんの言葉には染色に対する万感の思いが込められています。 なにも無いところから作品という「なにか」創り出す、それは次から次からアイデアが浮かぶ訳ではないと言います。 長い時間の中で浮かんでは消える色や形…、破裂してしまいそうな時間を経て図案/意匠が出来上がるのだそう。こちらの作品は、弊店が図案の美しさに惹かれ、オーダーした作品「山吹」です。生地も指定しました。 いわゆる家紋を範として図案化した物なのですが、いかにも日本的な「和色」の美しさに加え、創られた「カタチ」が美しい逸品です。

草木染手織り木綿織物/着物地 大澤多美子作品 NEW

民芸的な趣向が保たれた木綿格子織物はたくさん見ることは出来ます。 しかし、大澤多美子さんの織られたこの木綿には、大澤さんが綿に想う熱意、ひたむきな想いといった心の機微が余すことなく織り籠められているように感じます。 大澤多美子さんがこれまで永きに亘り培ってきた染織の道程、唯、綿ひとすじに坦々と追い求めてきた淡々とした情熱がこちらの綿織物に結実しているのだと思います。 

手描き友禅九寸名古屋帯/吉祥雲 NEW

こちらに掲載致しましたお品は美しく丁寧な仕事で吉祥雲が描き染められた、糊糸目友禅/九寸名古屋帯です。 下絵を描き、糊糸目で輪郭を置き、彩色を施し、糊で伏せる,蒸しに掛け色を定着させ…、と言う極めて古典的な染め手法によって制作された友禅です。 つまり古(いにしえ)より伝えられた染め技法が用いられ染描かれた吉祥雲… わざわざ私が拙ない解説を加えるまでもなく、その丁寧な仕事から浮かび上がる上品な美しさは画像から十分に伝わっているのではないかと思います。

型染手差し小紋オールハンド流線 NEW

こちらに掲載させて頂きました染め小紋なのですが、型絵/手差しによって染められています。 型染め?それって “安物なんでしょ?”と思われる方は、少し誤解をされています。 型を繰り返し繋ぎ染める型染の仕事は僅かな誤差も許されない極めて熟練の手業が求められます。 つまり、視点を変えてみると「手描き」による友禅よりも厳しいものが求められたりするのです。 ※こちらの小紋はお着物としてだけでなく、羽織や道行コート、道中着などの羽織り物にお仕立てされても素敵ではないでしょうか。 とても美しい上ものになると思います。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ