ご購入について
 

最新掲載品

手描き友禅九寸名古屋帯/湯本エリ子ビヨウヤナギ NEW

一見したところではいわゆる着物や帯の柄らしくはないのかもしれません。 でも、湯本エリ子さんがいつも私を驚かせてくれるのは、その「らしくない」匙加減なのです。 湯本エリ子さんの作品をみるに付け、感じるのは他のどの友禅にも似ていないということ。 ひと目で湯本さんの個性を感じさせてくれるのです。 とは言え、奇を衒っているなどと言う陳腐な個性ではありません。 あくまでも豊かなる美意識のかけらが形作るのでしょう。 もっと言えば美意識という名の無数の彩や形を持っていてそれらがハラハラ零れ出てくるようなのです。 実に味わい深く美しい作品だと思います。

西陣織袋帯/となみ・唐長柳水車 NEW

色を一切使わず、上質な金の箔だけで織り上げられた表情が一切の衒いなく、極めて正統的なところに惹きこまれてしまいます。 それもその筈、「柳水車」とは京都で伝統的な唐紙を作る唐長とコラボし、唐長が所蔵する型紙から興した意匠なのです。 表面的にはクラシカルな意匠を想わせながら、決して懐古趣味ではない。 尽くされた上質を必要以上に押付ける気配もない。 眺めていると古の織物から織興したような錯覚さえ覚えます…。 それほどの存在感が在るのです。

型絵染九寸名古屋帯/花丸 NEW

こちらにご紹介させて頂いたのは椿と熨斗目がデザインされたもので極めて美しく型彫された型紙を使い、手差しにて染色が施された九寸名古屋帯です。 椿は冬を想わせるものですが、あえて朱と緑に染め分けてあるのは、たいていの場合冬以外にもお使い頂けるようにと、緑が使われているのです。 要するにあくまでも「意匠」として、ということだと思います。 熨斗目で囲まれてるのもそうした意味だと思います。 椿の花に注された彩色が極めて美しく目に映ります。 

琉球古典紬/加納別注  NEW

朱や錆び橙色の絣、カセカケやカキジャーが絣で織り上げられた紬織物、琉球古典紬です。 この朱、しっとりと落ち着いた赤ではなく、やはり文字通りの朱、でもその朱がこの鉛色の地に適度なアクセントになってとても美しいと言う印象が残ります。 カセカケの橙色、正確に表現すれば錆び橙色でしょうか。。。 海に解け落ちる瞬間の陽光の残像のようでもあり、陽が昇るまさに生まれたての陽の色のようでもあります。 加えて美しい絣足…、手織紬織物の美の極み、要するに堆積された叡智にのみ成せる手業なのだと思います。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋