ご購入について
 

最新掲載品

小千谷片貝木綿/格子 山吹色 NEW

こちらのお品は小千谷片貝木綿/中格子 山吹色です。 伊勢木綿や丹後木綿などと比べると生地に紬っぽい感触を感じます。 刷毛目にスラブの入った趣のある生地で、単衣でお仕立されましてもとても着やすい一枚となるかと思います。 着れば着るほど、また、洗えば洗うほど、柔らかく身体に添うと言われる小千谷片貝木綿です。 日常の普段着きものとして着物を愉しんでおられる方には扱いやすい一枚となるのではないでしょうか。 是非一度お試しくださいませ。

型染小紋/淡香色花小紋 NEW

如何にも古都、京都を想わせる色彩の友禅小紋です。 そう、この小紋を眺めていると八坂神社を望む、四条通りの情景が浮かんできます。 旧い町屋の並ぶ京都と言うよりも ある種、いかにも京都らしい風情を保った街並みなのですが、そうした情景を交錯させる友禅小紋なのだと思います。 色調をひとことで言ってしまえば「橙」なんですが、和色大辞典などに照らせば淡香(うすこう)色や杏色が近いかもしれません。 見るほどに“京都でしか出せない”色彩だと思います。(似た色は他でいくらでも見ますが。)

本場大島紬/白泥大島 手織り割り付け熨斗目 NEW

こちらの白泥大島は微妙に異なる白色〜淡い灰色、淡い墨色の糸を極小の絣で織り込むことによって、この割り付け模様の横段としています。 実に細やかで実に綺麗な絣。 世界一美しい絣と賞されるのも納得がゆきます。 このように細密な絣を散りばめることによって表現出来る美しさは、元をただせば極細の糸が打ち込まれているからなのだと思います。 加えて、こちらの大島紬は「手織り」であるため、絣でつくられた割り付け模様そのものが際立って美しく、深みを保ち、この白泥大島紬の魅力を押し上げています。

本場結城紬/八十細工 藍、藍絣 NEW

こちらに掲載をさせて頂きました本場結城紬は、糸に拘り、糸質に徹底的に拘り、括り手に拘り、織り手に拘り、すべて厳格な管理の元織り上げられたものとなります。 それは古より連綿と続く本場結城紬としての誇りであり、産地の気質なのかも知れません。 生真面目という以外、形容し難い産地の気質がこうした織物を生み出すのだと思います。 唯、絹布を織るのではありません。 ”着物”として誂えられた際の極上の着心地、つまりご購入頂いた方の「袖を通す愉しみ」を確実に想っているのだと思います。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋