ご購入について
 
HOME > 振袖 > 「染織工芸品」としての御振袖

着物や帯は時に世代を繋いで愛用される事があります。ときに古いものは良い、昔の着物は良かった、などと評されることがあります。古(いにしえ)の染織を語る際に時折耳にする言葉です。一理あることかもしれません。そのすべてを否定をするつもりもありません。敢えて申し上げれば古の染織に素晴らしい染織が見られるのと同様に現代の染織にも見事な染織が在るのです。そしてそうした現代の見事な染織も時を経て古の素晴らしい染織と変化をしていくのです。弊店ではそうした色褪せることなく、その価値を増していくかのような染織工藝品としての振袖をご紹介しております。掲載がない時もございます。それは弊店の目に適うお品がないのだとご理解くださいませ。。。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜2件 (全2件)

1件〜2件 (全2件)

ページトップへ