ご購入について
 

水流のコーデ7

こちらの「水流のコーデ」の頁では弊店のサイトに掲載しておりますお品達のコーディネートをご提案をしております。 (また時折、箸休み?に弊店の女将の装いもこちらご紹介させて戴くこともございます。)
きもの水流が折に触れ素敵と感じたコーディネートをご紹介しておりますが、弊店のご提案がすべてではもちろんございません。 お客様ご自身がこれが素敵と感じられる組み合わせ…
つまり、着る人が好きな組み合わせが一番だと考えます。

そんな訳で…あくまでもご参考までにどうぞ。。。

水流のコーデ1


こちらは七月一日の本日の写真です。

着物はなんということのないユカタです。(※とは言え、浴衣としてではなく、単衣着物にお仕立てしてあります。) 本来であればユカタはもう少し先のお召物なんですが、いつも申し上げますように普段着物は体感派、着る人が心地よいものを…というお店ですのでいち早く。 

猫の意匠/模様がとりわけてお気に入りの一枚です。 綿素材なので麻に比べますと暑いと言えば暑いのですが、中に着るものの工夫でいくらでも調節出来るのも着物の妙です。 締めている麻帯はとりたてて特徴のあるものではなく、単なる縞の帯です。 何ということのない縞の帯ですが、こうした帯は個性的なユカタの柄が暴れるのを抑え、静かにさせる必需品。 本麻の生成り色はこうした藍色や墨色系統の着物に比較的相性が良く、夏の薄もののコーディネートには欠かせないひと品です。

(※帯揚げは、淡い灰ベージュに紫の細かいドット柄、帯〆は江戸紫の市松模様の三分〆、帯留はこれまた紫色の琉球硝子です。)

今日は私がどーーーしてもとんかつが食べたくて、お店からほど近いとんかつ専門店/百年亭でランチ。 着物で出掛けると、いつも親切にしてもらえるようです。 今日も景色の見えるいいお席に案内してもらって気を良くしている単純な女将でした。 (※ロースかつ定食、ご飯大盛り、美味しかったなぁぁぁ…、明日も行きたいな。。。)


きもの水流
店主

水流のコーデ

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ