ご購入について
 

水流のコーデ24

こちらの「水流のコーデ」の頁では弊店のサイトに掲載しておりますお品達のコーディネートをご提案をしております。 (また時折、箸休み?に弊店の女将の装いもこちらご紹介させて戴くこともございます。)
きもの水流が折に触れ素敵と感じたコーディネートをご紹介しておりますが、弊店のご提案がすべてではもちろんございません。 お客様ご自身がこれが素敵と感じられる組み合わせ…
つまり、着る人が好きな組み合わせが一番だと考えます。
そんな訳で…あくまでもご参考までに。。。というものです。



水流のコーデ1

水流のコーデ1



こちらの着物は結城紬の白織りを牡丹色で染めたものです。 わずかな違いでピンクが強く出たり、紫に近付いてしまったりするのですが、いい塩梅に染まったと思います。 帯は古代印度の木版を使って更紗を染める川端美朝さんの作品です。 木版そのものが旧いモノなので日本の更紗とはテイストが全く異なり、独特のエキゾチックな雰囲気がいいですね。 

少しでもご参考になることがございましたら幸いです。

きもの水流
店主

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ