ご購入について
 

美しい目福237

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



五月雨や

一人歩きを

気ままにす


桑垣信子

いろり



美しい目福21





今日のきもの美人2019・06月06日(木)



今日のきもの美人・・・ 市内N様

本場結城なのですが、ただの本場結城ではありません。 結城紬の染織作家、田中茂梨さんの草木染の結城紬です。 結城紬は基本化学染料で染めるのですが、(草木染では堅牢度が検査に受からないため)田中茂梨さんの草木染は唯一堅牢度の検査に受かる草木染なのです。 ですので、ちょっと一般の結城では見る事の無い何とも言葉にして表現することのかなわない、見事な発色の結城紬となるのです。 商品説明ページではないので詳細には記しませんが、年間に数点しか制作されない希少品です。 そしてこの帯適わせ。見事でした。 ういろう色の結城に藍の帯のコントラストの美しさ、、。 素敵です。 上品の極み…、超べっぴんさんなのでお顔も…なのですが、NGなので(泣) いつも素敵にお召し頂いて本当にありがとうございます。

呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


ページトップへ